スポンサードリンク

2007年08月28日

留学保険とは

留学保険とは、海外旅行保険に比べて保険対象期間が長いのが特徴です。
当然、留学というある程度の期間になるため当たり前のことなのですが・・・

留学保険の内容は、一般の海外旅行保険ではカバーしきれない家主への賠償責任、住宅内の家財や身の回り品の盗難・破損、家族の死亡・危篤による一時帰国費用
などがあります。

海外への長期宿泊の際でも利用可能だったりするので海外旅行保険と留学保険を比較することを
おすすめします。
タグ:留学保険
posted by akke at 17:28| イタリア留学海外旅行保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア留学海外旅行保険について

イタリア留学するには、必ず海外旅行保険の加入証明書が必要なのを知っていますか?

駐日イタリア大使館などにイタリア留学用のビザを取得にいく場合にイタリア語でかかれた海外旅行用の傷害保険加入証明書(付保証明書)が無いとビザの申請はおりません。

イタリア留学する時になって、イタリア語の付保証明書が無くて、ビザ取得が出来ずイタリア留学できない!ということが良くあります。
海外旅行保険に入る前に、イタリア語の付保証明書が付いているのかよく確かめておくことがイタリア留学の注意点です。

posted by akke at 16:00| イタリア留学海外旅行保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア留学の財産

昨今、ますます国際化が進む社会情勢に加えて、情報化の波もとめどなく押し寄せてきています。そんな中で、海外との深い関わりや文化交流を求めてイタリア留学の人気が高まっています。 イタリア留学も様々なタイプがあります。従来どおりの海外進学に加えて、短期語学イタリア留学や現地で働きながら学ぶワーキングホリデー、海外ビジネスを体験するインターンシップ、中学生や高校生が夏休みを利用するジュニアイタリア留学など実に多彩です。 どのようなタイプのイタリア留学にしろ、費用や時間が無駄にならないように、しっかりとした目的を持つべきです。「いつまでに○○の技術を習得したい。」とか「帰国後は○○語の通訳の仕事につきたい。」など、イタリア留学したことが今後のあなたの成長と発展になってこそイタリア留学の意義がありますね。


イタリア留学先の具体的な情報収集、必要書類の取り寄せ、出願などの入学手続き、渡航手続きと、イタリア留学には多くの手順があります。したがって、できるだけ早めに準備を始めることをおすすめします。 気になるイタリア留学費用についてですが、国や地域によって差がありますので一概には言えません。例として、1年間の語学イタリア留学をした場合、学費も含めて300万円以上必要というのが平均的なところです。 ホームステイや学生寮への入居が可能ならぜひ利用しましょう。アットホームな雰囲気の中で、異文化に触れたり、目新しい習慣を教わったり、学校では学べないことを教わるいいチャンスですね。その上、滞在費も一人暮らしに比較して、かなり安く抑えることができるのですから一石二鳥です。

今の時代、海外との関わりのない生活は考えられません。それはすなわち、今後益々、国際的に対応できる人材が求められるということです。海外からの有益な情報を取り入れ、日本の良さを的確にアピールできる、そういう企業人こそ本当に優秀だと言えるのです。 これからは語学力の必要性はさらに高まることでしょう。しかし、海外イタリア留学で学ぶ本当の意義は、語学力の習得に留まるものではありません。それはどこの国においても通用する適応能力とコミュニケーション能力なのです。海外へのイタリア留学の中で、真に大切な学びを得てほしいと思います。 イタリア留学によって得た知識や経験を生かして、あなたもグローバルな「使える人材」を目指しましょう。海外との交流の場で、生き生きと能力を発揮している自分の将来像を描きながら、実りのあるイタリア留学生活を送ってほしいと思います。
posted by akke at 15:52| イタリア留学海外旅行保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア留学のカタチ

イタリア留学の形も様々あり、大学生でいうとその大学の姉妹校へイタリア留学する「交換イタリア留学」という形と、現在通っている大学を休学して行く「私費イタリア留学」という形の2通りが有名です。日本の大学に学籍をおきつつ、現地の大学にも学籍を置くのが「交換イタリア留学」の特徴です。

「交換イタリア留学」にも「私費イタリア留学」にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらを選ぶにせよ、よく考えて決めなければなりません。イタリア留学先の国、学費、旅費、生活費、どこの大学にするか、考えることは山ほどあります。

「交換イタリア留学」だと、現地の大学には入学金を納める必要がなかったり、単位換算ができたり、日本の大学を4年で卒業できる可能性があるというメリットがあります。現地の大学に入学するので、専門的な授業を受けられることもメリットですね。

逆に「交換イタリア留学」のデメリットを挙げてみると、イタリア留学地の候補が制限されることや、単位を取るために自由な時間が少ないということがあります。デメリットもしっかり頭に入れて、出発前にしっかりと準備し、充実したイタリア留学生活にしましょう。


posted by akke at 15:50| イタリア留学海外旅行保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。